キャンピングカーの特徴

キャンピングカーには寝泊まりや炊事ができる設備が整っているのが特徴で、キャンプはもちろん災害時の仮住まいとしても使用できます。ホテルの予約をしなくても気が向いた時に旅ができるほか、寛げるプライベートな空間にいながら移動できるので、子連れやペットとの旅行にも快適です。

人気の高いキャンピングカーの種類TOP3

車
no.1

日時用使いにも違和感のないバンコン

バンコンは番を改造して作られたキャンピングカーで、見た目は普通の晩に見えるので日常使いにも違和感がありません。乗用車とキャンピングカーの2台持ちは難しい人でも、手軽に手を出しやすいため人気があります。

no.2

コインパーキングに求められるキャブコン

キャブコンは小型トラックに居室を装備したキャンピングカーですが、コインパーキングにも停められる実用的な大きさで人気があります。断熱性が高く居室も広めで、内装も自由にアレンジできるのが魅力のキャンピングカーです。

no.3

価格もお手頃の軽キャンパー

軽キャンパーは軽トラックや軽ワゴンをベースとしているキャンピングカーで、比較的料金がお手頃なので人気です。一人旅もしくは日帰りのファミリーキャンプに向いている大きさで、どこにでも停められるコンパクトなサイズも人気の秘密です。

不要なキャンピングカーは買取してもらおう!

使用しなくなったキャンピングカーは駐車場所が必要であったり維持費もかかったりするので、業者に買取ってもらうのがおすすめです。事故車や不動車であっても買取ってくれる場合が多いため、まずは査定に出してみるのが良いでしょう。インターネットで簡単に申し込めます。

これも知っておこう!軽自動車の購入費用は大きく異なる?新車と中古車の違い

自動車取得税の分費用が異なる

軽自動車は新車で購入する時は車の代金の他に0.562%の自動車取得税がかかります。しかし、自動車取得税は毎年税率が低くなっていき、軽自動車の場合は4年以降は非課税になります。そのため、4年落ち以上の中古車の場合自動車取得税はかかりません。

自賠責保険の費用が異なる

新車の軽自動車を購入する場合は、自賠責保険に加入しなければなりません。しかし、車検有りの中古車を購入する場合は、購入時に支払う必要はありません。そのため、自賠責保険の経費が掛からずお得に購入することが可能です。

キャンピングカーと中古の軽自動車の魅力|不要なら買取依頼がベスト

車輪

車の買取相場価格はインターネットで調べられる!

使わなくなってしまった車は下取りに出すという方法もありますが、買取業者に買取ってもらうことができます。車の買取価格は、地域によって異なりますがインターネットで調べられます。静岡など場所に特化して業者を探すことができるほか、無料で査定を受けることもできるのです。いくつかの業者の無料査定を受けることで、だいたいの買取相場を知ることができ、適正な価格で売却することができるでしょう。車の種類も、軽自動車からキャンピングカーまで幅広く取り扱っています。まずは、買取を第一選択肢にするのがおすすめです。

いらない中古漁船を売ろう★

車の買取相場がここで分かる?

事故車の買取を依頼しよう★

廃車を無料で引き取ってくれる専門業者!